本日 40 人 - 昨日 54 人 - 累計 49958 人

「てくてく手帖」より

  1. HOME >
  2. 経営理念 >
  3. 「てくてく手帖」より
てくてく手帖ていくあいは、経営指針書「てくてく手帖」を年に1度更新しています。
A5の手帖サイズでスタッフ全員が持ち歩いているものです。
どのようなことを大事にして日々の業務にあたるか、今後どのような展望を持って運営していくか、スタッフの総意、創意を反映させているものです。
わたしたちの思いが少しでもお伝えできるように、15期(2018年10月1日―2019年9月30日)てくてく手帖の一部をご覧いただきます。


♡10年ビジョン♡
《バンブービレッジ》

生きるをさいせいできる場所
風や光を感じるその場所は、
祖先の神様と元気の出る食事と、20181229143822407
いろいろな年代の人たちが集い、
語りあったり、笑ったり、
暮らしの仕事ができるところ。
心と体を癒し、活性化してくれる場所。

自然豊かな中で人と人がふれあい、つながる場所づくりを思い描いています。
少しずつ実現に向けて準備していきます。

そして、スタッフみんなで考えた10年ビジョンがこちら。
10年ビジョン色あり

♡《かぐや姫》活動方針♡20181229143528149
(1)介護のプロとして成長する!
・各々が責任を持った仕事ができる。
・自信を持ってケアに入れるよう 知識、技術を磨く。
・チームケアを意識し、助け合い 相談しあいケアにあたる。
・良い仕事をするため 自身の健康管理を怠らない。
(2)「かぐや姫」ならではの 介護を行う。
・利用者さんに育てられながら 一人前の介護士になる。
・利用者さん目線で 寄り添ったケアを心掛ける。
・みんなで利用者さんのバースデイをお祝いする。
・オートハープの腕を上げ レパートリーを増やす。


♡《ていくていく》活動方針♡
(1)利用者さん、ご家族と、共に慶び共に悩み、実りある日々を過ごす。
・ご家族とのコミュニケーションを密にするための、送迎時間の活用、記録や写真の活用。
・定期的に各利用者さんの事例検討会を行う。
・運営推進会議を継続して開催し、ご家族同士の悩み等を共有出来る機会を作る。
・介護技術向上のための勉強会の開催。
・各職員の強みや得意分野を生かせる活動の選定。
・次の日の準備として、レクリエーションの事を相談し予定する習慣をつける。
・外出の予定など事前にアナウンスし、利用者さんの追加時間を増やす。
(2)地域の方々、子供達への積極的な関わり、発信。
・介護予防教室の定期的な開催を通して、地域の方々との交流を図る。
・保育園や園児の保護者の方々に向けて交流の様子を発信する。

♡スタッフ間で飛び交う「お知らせ」♡
20181229143752396  20181229143730430

♡スタッフへのアンケートより♡
「ていくあい」に求められていることは何でしょうか?
・職員全員がやさしく、決して利用者さんを傷つけないこと
・家庭的な雰囲気
・家族の介護が少しでも楽になること
・生きる気力が得られる場
・困っている事を理解してもらい、一緒に考え手伝って欲しい20181229143629928
・安心して毎日を過ごせるための心強いサポーター
・家族であり他人であり、他人であり家族である存在
・誠実で丁寧なサービス
・知識や技術だけでなく、自分を理解してくれる存在


仕事をしてきて嬉しかったこと
・一人で頑張るんじゃなくて、みんなで協力できた事
・利用者さんが体操やレクで楽しんで参加してくださっている時
・利用者さんが以前のように元気を取り戻してくださった時
・紙芝居公演のように、利用者さんと職員が力を合わせ大きな行事を成功させた時
・保育園の子供たちと道で出会った時手を振ってもらえたこと
・1年休んで帰ってきたら、仲間がすごく成長していた。
・利用者さん、職員とも子供をあたたかく迎えてくださっいる。
・交通事故に遭いながらも運よく生きていたこと
・デイへ帰ってくると利用者さんが笑顔で「おかえり」と言ってくれる時
・介護福祉士に合格したこと
・帰り際に、「あなたが来てくれたから元気が出たわ!」というご本人の言葉
・あなたのおかげで母は安心して在宅生活が送れました」という娘さんの言葉
・「かぐや姫さんがかかわってくださったから利用者様も良い週末を迎えられました」という他事業所ケアマネージャーさんの言葉
・「笑顔で話す母を久しぶりに見ました、ありがとう」という娘さんの言葉
・事業所の近所の方と話すことができたとき
・実地調査を乗り越えられたこと
・訪問の利用者さんのお誕生日のお祝いが継続されていたこと